ご購入はこちら オンラインストア

セルジャックブランケット

サム・セルジャックとカリーナ・セルジャック

シドニー、オーストラリア

セルジャックブランケットー 一言で「美」といっても様々な美がある。例えば、クリーンなデザインのなかの計算された美、オーストラリアの風景に見られる飾り気のない自由な美、異なる国から良質な要素を取り入れ一つにする多文化の融合という美。この融合こそがセルジャックブランケットの心髄だ。

サム

カリーナ

オーストラリアの先進的なテキスタイルブランド「セルジャック」を動かしているのは、サム・セルジャックとカリーナ・セルジャック姉妹。 タスマニアにあるオーストラリア最古の工場で捨てられる運命にあるメリノウールの廃材を利用して作られたセルジャックのブランケットには、あたたかみがあって、耐久性があり、そしてエコフレンドリーだ。 姉妹のグローバルファッション業界や小さなビジネスでコツコツと積みあげてきた豊富な経験と、イノベーティブに持続可能な社会を構築することへの情熱、そして良質なデザインを見る目が合わさって、家の一室で始まったプロジェクトはオーストラリアのエシカル業界を先導するビジネスへと成長した。

デザイナーについて詳しく知る 製品

活動エリア
シドニー・オーストラリア

製品
リサイクルで作ったウールのブランケット

生産場所
タスマニア・オーストラリア

オールシーズンにインスピレーションを受け、オールシーズンのために

ウールの素晴らしさは見落とされがちだが、実は生物分解性や防水性があり、再生可能で、高い抗菌性を持つうえ、燃えにくいという魔法のような素材。セルジャックのブランケットの70%はオーストラリア産のメリノウールをリサイクルしたもので、30%は工場のアルパカウールやモヘヤウールをはじめとするウールの廃材、そして強化のためにポリエステルを少し使用している。 新作のデザインのインスピレーションについて姉妹は語る。「私たちのウールブランケットはアウトドアで使えるので、アウトドアにいる時の感覚を製品に反映させたいと思いました。なのでオーストラリアの風景のなかで私たちのお気に入りの色、たとえば海や砂漠や森の色をセルジャック製品の色のベースとしました。」さらに特徴的なのは、「セルジャックオリジナルというラインは、素材の成り立ちを表現するためにあえて染めていません。」

エシカルな快適さ

環境への配慮がセルジャック姉妹が最優先にしていることだが、同時に彼女たちはテキスタイル業界が直面するエシカル問題にも配慮している。「私たちは動物性の製品の需要を高めたいとは思っていません。」と姉妹は強調する。「幸運なことに私たちは高級なメリノウールの廃材を使って製品を作ることができています。けれど、この方法に限界がきた時は、他の同じようにゴミになる運命の繊維に移行することをためらいません。」

ラグジュアリーを罪悪感なく作り出す

「捨てるには良質すぎるから、私たちがリサイクルして使っています。」というセルジャックブランケットの廃材の多くは他のラグジュアリーなブランケット製品から出たもの。つまり、地域で生産されているハイエンドのメリノウール製品と彼女たちの製品には品質的に違いはないということ。

長持ち

「私たちが廃材を手に入れる工場で作られるブランケットは持ち主よりも長生きすることで有名なんです。」セルジャック姉妹は、ミニマリズムで機知に富んだ家庭で育てられたことがブランケットのインスピレーションになったと説明する。「私たちの母は物がどこでどのように作られているかに好奇心を持つように育ててくれました。そして、量より質という考え方も彼女から学びました。」そのため、「長持ちするかは、私たちにとってとても重要な要素です。それは持続可能性のキーとなります。」

道の終わりに

セルジャック姉妹のモットーは、エシカルな手法で製品を作ることは大事だが、それが結局ゴミになってしまっては意味がない、ということ。解決法は?「サーキュラー・エコノミーを実現させ、クローズドループ(廃棄物を処理して再利用するシステム)の手法で製品をデザインしています。」 クローズドループの手法では、捨てられる運命にあるブランケットを再利用し、ゴミとならないようにする。 具体的には「お客様にブランケットがいらなくなったら連絡してもらうようにしています。私たちはそれを無料で回収して、カーボンニュートラルな宅急便を利用して工場に戻し、ブランケットを作るのに再利用します。こうすることによって作られては捨てられる商品の流れを終わりにし、ブランケットはゴミになる運命を避けられます。」

愛すべきセルジャック

生物分解性や防水性があり、再生可能で、高い抗菌性を持つうえ、燃えにくい魔法のような素材にも関わらず、柔らかくてあたたかみがあるセルジャックブランケット。夜にソファの上でぬくぬくするのにも、週末のキャンプ場でも完璧だ。手作りで、飾り気がなく、あたたかみもあるうえに長持ちするセルジャックは1シーズンだけではなく、日常生活にあらゆる場面に欠かせないもの。

クレジット

写真: Where_the_red_desert_meets_the_blue_ocean - Marc Vilaregut

ニュースレター登録

5,000円以上送料無料(沖縄を除く)