ご購入はこちら オンラインストア

アイドリングシートベンチ

By ルイーズ・ゴーハム /エリオット・ゴーハム

メルボルン、オーストラリア

アイドル。。。アメリカ産ナラを使用した流行り廃りに流されないシンプルなデザインのアイドリングシートベンチ。見た目とは裏腹に、しっかりとした構造の作品だ。”何もしないで時間を過ごす”という意味もあるアイドル(idle)。そんな名前にぴったりのベンチに座ってくつろいでみませんか?

ルイーズ・ゴーハム

エリオット・ゴーハム

ルイーズとエリオットは、オーストラリアはメルボルンにあるデザイン事務所 “Apparentt"率いる夫婦チームだ。 デザイナーというと、演劇とかコメディーとは無縁のようだが、彼らにはその言葉がぴったり。夫のエリオット氏はオーストラリア国立大学の芸術大学に通ったこともあり、デザインの知識に精通している。一方、妻のルイス氏は演劇の経験があり、今でもデザインの仕事の合間を縫っては演劇関係の活動をしているんだそう。常にインテリアやデザインに興味を持っていたルイス氏は、自然とエリオット氏とともにデザイン関係の仕事を始め、今日の“Apparentt"に携わるようになった。 彼らのデザインの基礎である製作意欲の源は、「たとえ万人受けしなくとも、シンプルでありながら美しく、長持ちする製品を作り上げること」。–このシンプルさ、美しさ、耐久性への貪欲さは、見てもらえば一目瞭然、目で肌で感じてもらえるだろう。

デザイナーについて詳しく知る 製品

活動エリア
メルボルン・オーストラリア

製品
家具、照明

生産場所
メルボルン・オーストラリア

“シンプルさにある魅力”

複雑でいてシンプル

「初期のデザインの時点では単純すぎて、正直、製品化はちょっと・・という印象だった」とエリオット氏。 しかし、特徴的な継手を組み込む案を思いついた途端、シンプルさにある魅力が生きるデザインになる可能性に惹かれ、製品化へ乗り出した。

「スケッチから生産まで、全てのプロセスが偶然のような作品だよ。」 とエリオット氏。デザイン自体に全く時間がかから無かったというこのアイドリングシートベンチ。シンプルながら複雑な要素をうまく表現するために、試行錯誤して新しい継手を編み出したというのだが、かかった時間は2週間。Apparentt歴代作品でも指折りの早さでこの作品専用の継手が完成した。

“これ以上、いじるところがない位シンプル”

デザイナーの考え

一つ一つ丁寧に仕上げられた、足部分と座部の継目ー一寸狂わない職人技があってこその、独自の継手だ。このアイドリングシートベンチのデザインそが持ち合わせる、さりげないこだわり。じっくりとものを見定める人には分かってもらえるだろう。 「これ以上、いじるところはない位シンプル」というルイーズ氏とエリオット氏。この作品の持ち合わせる、シンプルさと複雑さ。その絶妙なバランスがとても気に入っているのだそうだ。

自分だけの形に

カスタマイズ1ーサイズ

必要に合わせて座部・足部の長さをカスタマイズ可能

カスタマイズ2ー仕上げ

好みのインテリアに合わせて、木目を生かしたクリア、オイルステイン、ペンキ仕上げが選択可能。

アイドリングシートベンチが愛される理由

流行り廃りに流されないシンプルさ。こざっぱりとしたデザインに、確かな職人技が組んだ、さりげなくも存在感のある継手。余計な飾り気のないシンプルな見た目なのに、頑丈でしっかりした構造ー全てがこのアイドリングシートベンチが愛される理由だ。

クレジット

写真: Michael Gordon Hill

ニュースレター登録

5,000円以上送料無料(沖縄を除く)